Help

注入バルブ⇒シム

  • 553

Photos: 注入バルブ⇒シム

Photos: ベスト初速

================
※ ※ ※ ※ ※ ※ 補 足 ※ ※ ※ ※ ※ ※
================

ネジやバルブには適正締付圧があり、
誤った圧力で過度に締め過ぎると
ネジ山やパッキン(Oリング)が変形、
破損してガス漏れ原因になります。

締め付け加減に自信が無い場合、
硬めのシムやワッシャー等を使用すると色々とメリットがあります。

▼▼ デジコン用シムサイズ ▼▼
 ■内径 6mm(5.8~6.2mm)
 ■外径 8mm(8~8.2mm)
 ■厚さ 0.3~0.5mm

◆内径5.8mm以下ではパッキンが破損します。
◆内径6.2mm以上では締めた時にバルブが抜けてしまいます。

◆外径8.3mmを超えるとマガジン側に食い付き、バルブをねじ込むと更に隙間ができて、ガス漏れします。

◎シムの大きさのイメージとしては、
エアガンマニアならピンと来ると思いますが、ハンドガンのインナーバレルの断面のサイズです。
◎スライス技術のある方なら、不要なバレルを0.5mmにスライスして使用するのもベストチョイス!(笑)

●ちなみに私が使用中の物は、
三二四駆の部品コーナーで発見した、アルミ製スペーサーセットの中の同サイズの物です。

■■■ 装着方法 ■■■
▲バルブのパッキンの外側にはめた状態でマガジンに装着します。
△パッキンを挟まないように注意!!

▼これで絶対に締付け過ぎません。
▼360°周囲を囲むことにより内圧によるパッキンの膨らみを防ぎ、一石二鳥の方法です。


★Masterpiece.
  大澤雅美

Albums: Public

Tag: ガス

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.